総合調理実習 料理提供(全6回中4回目)が行われました

11月18日(金)鹿屋中央高校ダイニングルームで,食物コース3年生による総合調理実習料理提供が行われました。

今回は全6回実施する中の4回目の実習でした。

メニューは「至高のそぼろ丼」「ほうれん草の白和え」「玉ねぎと厚揚げの味噌汁」「スィートポテト」でした。

和食班リーダーの西薗 海さん(花岡中学校出身)にお聞きしたとところ,「本日104人分を1時間目から4時間目にかけて調理し,また調理担当を4つの班に分けて心を込めて作りました。」と至高のそぼろ丼を作っている忙しい合間に笑顔で答えていただきました。

料理提供時間が始まり,ダイニングルームに入ると,蝶ネクタイにスーツを身にまとった供食班11名が出迎えてくれました。

受付で,本日のイラスト付き献立とアンケート用紙をいただき,席に着きました。透明アクリルボードで仕切られ,感染対策をなされていました。

では,本日の4品の食レポです。

「至高のそぼろ丼」ふたを開けた瞬間,そぼろと卵の色合い,中央に添えられたさやいんげん鮮やかな緑のコントラストが視覚を刺激してきました。味もそぼろが濃く味付けられていて卵,ご飯との相性が抜群でした。さすが本日のメインでした。

「ほうれん草の白和え」ほうれん草が苦手な子供でもきっと食が進む一品でした。

「玉ねぎと厚揚げの味噌汁」とにかく玉ねぎが甘くて,美味しかったです。厚揚げと玉ねぎも仲良く共存していました。おかわりしたい一品でした。

「スィートポテト」仕上げのデザートです。しつこい甘さはなく,それまでいただいた3品を最後の一品で平和に締め括っていました。スィートポテトは二つお皿に盛られていました。本日提供分104人×2個は208個か~と,これだけたくさん作るのに,均一に作られていました。さすが,調理実習をして3年目は違うなと感服いたしました。感激しながら箸を進めるうちに,完食いたしました。

食物コース3年生の皆さん,ごちそうさまでした。食べ終わった後の大量の皿洗いや片づけがきっと大変だったことでしょう。しかし食事に来ていたどの生徒・職員も大満足していました。

次回の総合調理実習も楽しみにしています。

2022年11月18日 | カテゴリー : 広報より | 投稿者 : kanoya-chuo