鎧塚俊彦氏による製菓講習並びに講演会が実施されました

6月28日(火)「トシ.ヨロイヅカ」オーナーシェフ鎧塚俊彦氏による講習並びに講演会が終日実施されました。

午前中は調理実習室にて調理・食物コース3年生を対象に講習が実施されました。

メニューは「マンゴーのロールケーキ」「ビスキュイクーラントショコラ」

なかなかお目にかかることのできない鎧塚氏のデモンストレーションに生徒は熱心に見入っていました。

午後からは,体育館にて「菓子屋は世界一幸せな仕事」という演題で講演会が実施されました。対象は,調理・食物コース全学年でした。

講演で鎧塚氏は熱を込めて高校生に対して,日本の未来,世界の未来について話をしてくださいました。

きっと今後につながる1日になったはずです。講習・講演会を実施するにあたり,ご協力いただいた企業様,個人様,誠にありがとうございました。

これから本日の写真を添えます。画像と生徒代表のスピーチを載せます。

代表スピーチ 

「本日は,大変お忙しい中,鹿屋中央高等学校食物・調理コースへの講習及び講演会にいらっしゃっていただきありがとうございます。

 私たち,食物,調理3年生の講習会は最初のデモンストレーションで,初めて聞く単語がたくさん出てきました。鎧塚さんの技術を見て正直ついていくことで精一杯でした。

 しかし鎧塚さんは,とても分かりやすく,楽しく,丁寧に私たちに教えていただき,嬉々とお菓子を作ることができました。作業自体は班のみんなに限らず,クラスの全員と一生懸命協力し,少しの失敗はありながらも作り上げることができました。

 たくさん頭を使って,たくさん体を使って作り上げたロールケーキはとても甘くしっとりとしたものができあがって嬉しかったです。

 講演会では,パティシエとはどういった仕事なのか,何を頭に入れて,何を考えながら仕事をされているのか,また,鎧塚さんの人生観,価値観,考え方など,とても勉強になることを学べて嬉しくもあり,良い思い出,経験になりました。

 今回のこの夢のような時間で学ばせていただいたたくさんのことを参考にして頑張っていきます。本日は本当にありがとうございました。

生徒代表 調理コース3年 水溜 一秀」

 

2022年6月28日 | カテゴリー : 広報より | 投稿者 : kanoya-chuo