GAP食材を使ったおもてなしコンテスト!大臣賞受賞!!

2020 年東京⼤会に向けて世界各国からホストタウンを訪問する各国・地域の選⼿等に対して、⾼校⽣等によるGAP ⾷材を使ったおもてなしを発揮し、選⼿等に⽇本の⾷材・おもてなしの⼼のすばらしさを発信することを⽬的に実施された,「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」。全国から40チームの参加がありました。

そのコンテストに,本校調理クラブが鹿屋市と鹿児島県立鹿屋農業高等学校とのコラボで参加し,

見事に”大臣賞”を受賞しました!!

更には,現地応援投票ランキングで全国1位を獲得する偉業を成し遂げました!

調理クラブの皆さん,そして,鹿屋市と鹿屋農業高等学校の皆さん,本当におめでとうございます!

GAP(Good Agricultural Practice)とは、
農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための
生産行程管理のことを指します。

今回,鹿屋市×学校法人前田学園 鹿屋中央高等学校×鹿児島県立鹿屋農業高等学校が取り組んだ作品は・・・

キバレ!タイ王国 
~スースー タイランド!!~

詳しい作品内容はコチラをクリック!

コンテストの詳細はコチラをクリック!

2020年2月28日 | カテゴリー : 広報より | 投稿者 : kanoya-chuo